※コロナウイルスの影響でレンタル用品を取り扱っていないキャンプ場があります。事前にご確認ください。

【キャンプ】手ぶらでキャンプをする場合の持ち物は何?

\キャンプ用品を高く買い取り!/

▲10%買取価格UPキャンペーン中▲

\ポータブル電源で快適キャンプ/

▲楽天デイリーランキング4部門で1位

\ゼビオカードでお得に買い物♪/
▲毎月抽選で20万ポイントプレゼント▲

\\ミートガイで美味しいBBQ♪/

▲スーパーでは手に入らないユニークなお肉が盛りだくさん!

キャンプ場の中には『手ぶらでキャンプOK』!と書いてあります。

手ぶらでキャンプができるのはとても助かる反面、本当に手ぶらでいいの?何を持っていけばいいの?と不安になってしまいます。

初めてキャンプをする方ははわからないことばかり。

なので、ここでは『手ぶらでキャンプ』をする際の持ち物を紹介します。

スポンサーリンク




『手ぶらでキャンプ』とは?

テントやタープ、キャンプ道具一式がセットになった「手ぶらでキャンプ」。

道具を持っていなくても、キャンプに必要な道具が用意されており、大自然の中で気軽に本格的なキャンプが楽しめるのが『手ぶらでキャンプ』となっています。

つまり、キャンプ場でキャンプ一式をレンタルするという形になります。

キャンプ一式とは、どのような内容になっているのでしょうか。

キャンプ一式とは?

手ぶらでキャンプができる『キャンプ一式』とは、

・オールインワンテント
・シュラフ(寝袋)
・テーブル&チェア
・ランタン
・BBQコンロ
・調理セット(包丁、まな板、ザル、ボウル、ピーラー)

などこのような道具が一式レンタルできるプランとなっています。

しかし、『手ぶらでキャンププラン』の道具一式はキャンプ場によって大きく違います。

上記のは最低限の道具となっているので、ここから食器なども必要になってきます。

キャンプ場によっては、食器や炭・薪・うちわ・マッチ・着火剤・スポンジ・食器洗剤など消耗品もレンタルの一式に含まれてる場合があったりするので、

どこまでが含まれているのかを確認しましょう。

BBQをする際に、うちわや着火剤などがなかったらうまく火おこしはできません。

ですが、消耗品はキャンプ場の売店で売られている場合もあるので、キャンプ場へ直接聞いて、

必要なものをメモしておくことがおすすめ。

また、『手ぶらでキャンプ』をする前に確認しておきたいことをまとまめしたので参考にしてください。




『手ぶらでキャンプ』をする前に確認しておきたいこと

食材は含まれはている?含まれていない?

キャンプ場によっては『手ぶらでキャンプ』の中に、食材がセットになっているのか、食材は自分たちで用意をするのかを確認しましょう。

『手ぶらでキャンプ』ができるキャンプ場の食材についてのパターンとしては、

□食材がセットになっている

□食材がセットになっていない

□食材を別で予約をする

このようなパターンがあります。

・食材がセットになっているのなら、食器や割りばしもセットになっているのか、もしくは売店で売られているのかを確認。

・食材がセットになっていないのなら、キャンプ場へ行く前に食材を用意してキャンプ場へ行く。

・キャンプ場に食材はあるが、プランには含まれていない場合は、別途で予約をする。もしくは食材を最寄りのスーパーで買う。

テントは自分で設営?常設テント?

キャンプ場に来たけど、テントは自分で設営しなければいけないのか、

既にテントは設営済みなのかを確認しましょう。

こちらもキャンプ場によっては、自分で設営するパターンと設営済みのパターンがあります。

設営が苦手だから手ぶらでキャンププランにしたのに、

いざキャンプ場へ行くと自分で設営しなければならなかった!ということにならないように

事前にキャンプ場のHPなどで確認しておくことをおすすめします。

もし、手ぶらでキャンプをしたいけれど、テントの設営ができるのか不安な方は、

常設テントやテントの設営を手伝ってくれるキャンプ場がおすすめ。

レンタルは一式?個々?

手ぶらでキャンプというのは、一式がレンタルできるのか、個々でテントとタープとランタンと・・・・と1つ1つレンタルしなければならないのかのどちらかなのかを確認しましょう。

『手ぶらでキャンプOK』となっているのに、一式ではなく、1つ1つレンタルは手間がかかるので、

初心者ならまずは一式の方がおすすめです。

何人分が含まれている?

手ぶらでキャンププランは何人分が含まれているのかを確認しましょう。

人数によってテントの大きさも異なり、寝袋も何人分が用意されているのかなども事前にHPで見ておきましょう。

足りなければ、追加でレンタルすることも必要です。



手ぶらでキャンプの持ち物は?

手ぶらでキャンプと言っても、どこからどこまでがプランに含まれているのかキャンプ場によって異なります。

まずキャンプに必要なものをピックアップし、それが道具の一式に含まれているのかを見ればいるもの、いらないものがわかります。

キャンプに必要なものをまとめましたので参考にしてください。

キャンプに必要なもの

・テント
・タープ
・テーブル/イス
・ペグ&ペグハンマー
・ランタン
・シュラフ(寝袋)
・寝袋マット
・タオル
・ゴミ袋
・ウェットティッシュ
・レインウェア
・グランドシート
・インナーマット
・クーラーボックス
・服/下着/羽織もの
・洗面用具&お風呂セット
・ヘッドライト
・まくら
・軍手
・トング
・着火剤
・木炭
・バーベキューグリル
・包丁・ナイフ・まな板
・食器/カラトリーセット
・食器用洗剤&スポンジ&食器用たわし
・ラップ&アルミホイル

キャンプは想像以上に道具が必要なアウトドアです。

なので、キャンプ初心者の方は、手ぶらでキャンププランにすることで、

気軽にキャンプができ、人気のプランとなっているのです。

手ぶらでキャンプをいっても、何も持っていかなくてもよいというわけではありません。

キャンプ場によって、そして人によって持っていくものは異なるので、

事前に何を持っていけばよいのか、まとめておきましょう。

まとめ

手ぶらでキャンプをする場合の持ち物についての紹介でした。

更にお子さんがいる場合や、あったら便利なものをまとめているので

参考にしてください。

初めてのキャンプって何もかもが初めてで、何からすればいいのかわかりませんよね。 とりあえずテントとタープとテーブルなどがあればいいの?...

初めてのキャンプは不安とドキドキなことばかり。

キャンプで過ごす1日のスケジュールをまとめると、何が必要なのかもわかってくるので、

ぜひメモ用紙などでまとめてみてください。



キャンプでプロジェクター!!
今回はちょっぴり特別なキャンプにしよう

PICK UP

\キャンプ用品を高く買い取り!/

▲10%買取価格UPキャンペーン中▲

\ポータブル電源で快適キャンプ/

▲楽天デイリーランキング4部門で1位

\ゼビオカードでお得に買い物♪/
▲毎月抽選で20万ポイントプレゼント▲

\\ミートガイで美味しいBBQ♪/

▲スーパーでは手に入らないユニークなお肉が盛りだくさん!

おすすめ記事をピックアップ



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする