【キャンプ場でスイカ割り】簡単に!短時間で!スイカを冷やす方法は?

campsitedesuikawohiyasuhouhou キャンプの役立ち情報

キャンプやバーベキューをするときにスイカ割りをする方も多いのではないでしょうか。

しかし、ぬるいスイカって美味しくないですよね。

せっかく食べるのなら冷えてるスイカが食べたい!冷やしたいけど、近くで冷やす場所がない!などと諦めていませんか?

 

そこで今回はキャンプ場でスイカを冷やす方法を紹介したいと思います。

キャンプ場やバーベキューでスイカ割りをしようと思っている方は、行く前に読むことがおすすめ!

キャンプ場でスイカ割り

キャンプやバーベキューでのスイカ割りって大人も子供も楽しめますよね。

我が家も、キャンプ場でのスイカ割りは定番で子供たちも大盛り上がりします。

 

そんなスイカを短時間で、しかも簡単にスイカを冷やす方法を紹介。



スイカを冷やすために必要なもの。

冷蔵庫がない山、川、海などで、大きなスイカを短時間で冷やすには必要なものが二つあります。

それが、

・タオル

・スイカを入れるバケツ(タライでも可)

のみです。

スイカを冷やす手順

スイカを冷やす手順としては、

 

①タオルでスイカを巻きます。

②タオルを巻いたスイカをバケツの中に入れる。

 

たったこれだけでスイカを簡単に冷やすことができます。

近くに水道がある場合は、水をほんの少しだけ出しスイカにかけ続けましょう。

 

もし、短時間で冷やしたいならバケツの中に氷を入れればさらに早く冷やすことができます。

もしくは扇風機で風をあてる方法もありますよ。

 

 

この手順だけで美味しくスイカを食べることができます。




スイカを冷やしすぎはダメ?

スイカは夏に生産される夏の食べ物です。

夏生まれなので、寒さに弱い食べ物なのだそうです。

 

なので、

冷やしすぎてしまうと、低温で生理障害を起こすことも多いそうでスイカの甘味がなくなってしまうこともあるようです。

冷蔵庫に冷やしていると「味がしない!?」と思うのもこれのせいだったんですね。

 

キャンプでは、冷蔵庫もなきので冷やしすぎるということはないと思いますが

冷やしすぎはダメということも覚えておくといいかもしれませんね。

まとめ

キャンプ場でスイカを冷やす方法でした。

 

冷やす方法はとても簡単でしたね。

夏の思い出にぜひスイカ割りをしてみんなで楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました