夏にキャンプ!涼しいキャンプ選びのポイントをご紹介!

キャンプ 知恵袋

夏にキャンプをするならどんなキャンプ場がおすすめ?

涼しいキャンプ場はあるの?

キャンプ場選びのポイントなどをご紹介していますので、

夏にキャンプに行く際の参考にしてください。

夏にキャンプ!涼しいキャンプ場選びのポイント

標高が高いキャンプ場に行こう!

涼しいキャンプ場選びの一つ目のポイントは標高の高さです。

 

一般的に標高が高くなればなるほど、気温が下がります。

標高が100メートルごとに約0.6度下がると言われており、

標高1000メートル高い場所だと約6度も下がるのです。

 

そのため、標高が高いキャンプ場は夏場でも涼しくクーラーや扇風機がなくても快適に眠れるというわけです。

スポンサーリンク

木陰があるサイトを選ぼう!

標高が高くても、やはり炎天下だと暑くなってしまうのが夏キャンプです。

なので、

テントの張る場所が直射日光ではなく、木陰があるサイトがおすすめです。

標高が高い林間サイトであれば、高確率で快適に夏キャンプを楽しむことできますよ。

河原や湖畔沿いで涼しいキャンプに!

川遊びができるため、夏キャンプに河原や湖畔が近くにあるキャンプ場を探している方も多いですよね。

川が近くにあるということは、周りが山に囲まれているキャンプ場が多いです。

周りに山があるといことが、自然と木陰ができるので、夜は涼しい傾向にあります。

スポンサーリンク

涼しいキャンプ選びのポイントのまとめ

涼しいキャンプをするなら、標高が高いキャンプ場を選びましょう。

 

しかし、標高が高ければいい!というわけでもありません。

標高が高く見晴らしがいいということは木陰が全くないということです。

 

そのため標高が高いのに暑いキャンプになってしまった・・・ということにならないように、

標高が高いキャンプ場+木陰があるのかを確認しましょう。

 

 

またフリーサイトがあるようなだだっ広いサイトは、

なかなか木陰でテントを張ることが難しい場合があります。

早い者勝ちだとなおさらですよね。

 

そんな時はきちんと区画が分けられたサイトを選びましょう。

キャンプ場のHPにサイトの写真が載せられているので、

木陰のあるサイトを選べば、涼しいキャンプをすることができますよ。

 

また、標高が高い、木陰がある、湖畔の近くという最高条件が揃ったキャンプ場だと

逆に朝方は寒くなってしまことがあります。

お子さんがいるキャンプなら羽織るものを持っていくことをおすすめします。

 

心配な方は少し服を多めに持っていきましょう。

 

 

キャンプ場は場所選びを間違えると全く違うキャンプライフになります。

今ではSNSでキャンプ場のことを詳しく知ることができるので、

事前にキャンプ場を調べて準備して快適な夏キャンプをしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました